日々かわら版

このエントリーをはてなブックマークに追加

初代座長「三咲てつや」の徒然なるコラム・・・しばしのお付き合いを…

日々かわら版

てつやの言葉遊び・・・ 2017/03/07

『小学館・金田一京助著・学習用語辞典』

今日の言葉遊びは、か行の『かい』という文字で、遊んでみます。

まず『かいき』と言っても、会期、回帰、回忌、怪奇、皆既、開基、会規、快気、などがあり。

『かいぎ』となると、会議、懐疑、快技、海技、回議などがある。

又、『かいどう』という字には、こんなものがある。

街道、海道、海藤、会堂、会同、皆藤、怪童。と、結構多いものである。

この様に、あ行からわ行までおびただしい数の文字と言葉。長い歴史に育まれた文字が、

私達の文明を開いた事に思いを馳せ、先人の努力に感謝している毎日です…。

劇団暁 ヒストリー 2017/03/07

【三咲てつや著・楽屋つれづれ草より。】

『2005年7月13日(金曜日)』

今日の北海道新聞の北海道版の3分の2の紙面に『定山渓温泉を彩る旅の一座』の文字が躍った。

我が劇団の活躍を紹介したのである。

紙面には、夏樹の艶やかな女形と、春樹の颯爽とした舞姿。名子役暁人君の可愛い舞台姿。

男優人が熱心に化粧する姿。そして感動の拍手をする客席の様子。

何より取材の中で力強い記事を書いてくれた、記者の『細川智子』さんの筆の力で、素晴らしい記事になっていた。

果たして、朝から『山渓苑』のフロントでは、予約の問い合わせや、山渓苑までのアクセツを尋ねる電話が殺到した。

また嬉しい事に、この記事を見たUHBテレビ(フジテレビ系)が、取材に来るというので、座員一同が色めき立ちました。

その事は、明日の、  〜このコーナーに続きます〜

本日の一筆 2017/03/07

今日の私は、朝から玉生の『ダイユー』にお買い物。神棚に飾るお榊と、仏壇に飾る花を買ってきました。

というのは、明日は父ちゃん(実は祖父)の月命日だからである。

父ちゃんは、平成元年一月八日に亡くなった人である。父ちゃんの好きだった『かまぼこ竹輪・お酒・グリコ牛乳』なども、買って来ました。

私はこれまで、一月八日の『祥月命日』は勿論。毎月の『月命日』にも、仏壇には、新しい花を飾っています…。

てつやの五行ポエム 2017/03/06

処女作『楽屋つれづれ草』は、札幌で…、

          二作目『桟敷は皆んなの楽天地』は、福島で…、

                        三作目『大衆演劇の灯よいつまでも』は、浅草で…、

                                    思い出を、辿(たど)って書いたエッセイ集…、

                                                  紡(つむ)ぐ喜び、胸の内…。

てつやの言葉遊び・・・ 2017/03/06

一人っ子で育った私は、一人で時を過ごすのは苦になりませんでした。

一人で本を読む、一人でお絵描きをする事、中でも辞書を開いて言葉遊びをする事などは、いくら時間があっても飽きないくらいでした。

今ここで、パッと辞書を開くと、か行の「かわ」が目に入ってくる。

可愛い、可愛がる、可愛らしい、革靴、川、川風、川岸、川上、川下、川獺(かわうそ)洗濯物が乾くなどに使う、乾く。喉が渇く時に使う、渇く。

『同音異語』。

瓦屋根、かわら版。など、どんとん広がる言葉の意味に、考えたら眠られなくなります…。

日々かわら版」への1件のフィードバック

  1. 女将さん、先日は有難う御座います。
    また、お伺いいたしますれば、See.you.soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA