日々かわら版

このエントリーをはてなブックマークに追加

初代座長「三咲てつや」の徒然なるコラム・・・しばしのお付き合いを…

日々かわら版

てつやの五行ポエム 2017/03/08

今日は、父ちゃんの月命日…、

            月命日には、お灯明を上げ…、

                        花と線香を、お供えし…、

                                  鐘を鳴らして、手を合わせ…、

                                              昔を思い、父ちゃんと語り合う…。

てつやの言葉遊び・・・2017/03/08

『日東書院・臼田甚五郎監修・ことわざ辞典』

古今東西を問わず、『ことわざ』は、人生の『道標(みちしるべ)となる言葉が多い。

我々大衆演劇に生きる者にとっても、ことわざを使ったセリフが多く使われています。

それどころか、諺自体が芝居のタイトルになっている事もあります。

たとえば、

『情けは人の為ならず』『蝮の子は蝮』『馬鹿でも総領』『遠道は近道』『大器晩成』『親の恩より師の恩』『親の甘さが毒になる』

という様に、先人の言葉は、生きていく上に無くてはならぬ『名言』が多い…。

劇団暁 ヒストリー 2017/03/08

【三咲てつや著・楽屋つれづれ草より。】

『2005,07,18(月曜日)』

 この日は、一昨日の土曜日に収録したUHBテレビ『定山渓温泉を彩る劇団暁』が放映される日だ。そして17時55分。

『スーパーニュース』が始まる。

やがて18時15分。

ホストアナウンサーによる「さぁ今度は、定山渓温泉を彩る大衆演劇一座を紹介します…」の言葉で、

劇団暁の出番だ。最初は『三咲暁人』が活躍する『秋葉の子守歌』。

つづいて、夏樹の華麗な女形、春樹の立役、やがて夏樹・春樹へのインタビュー、酔いしれる客席が映る。

最後に夜の『ファンの集い』の様子が流れたが、とうとう、私の姿は映っていなかった。

〜ざんねぇ〜ん〜

この時の、『山渓苑』公演は、北海道新聞の記事とUHBテレビの放映のお陰で集客人数が、前年対比1000人増の大成功を収めました…。

本日の一筆 2017/03/08

我が『劇団暁』は、平成6年11月11日のオープン以来、平成23年の愛知県名古屋市の『東海健康センター』公演までの17年間は、

私が建てた船生かぶき村で公演を続けて参りましたが、

平成23年8月から東京大衆演劇協会の篠原淑浩会長のコースを歩いております。

又、『船生かぶき村』には、東京大衆演劇協会の劇団をお預かりする事になりました…。

三咲夏樹を初めとする『劇団暁』を、会長にお預けした今は、会長から、お預かりした劇団さんを、

『夏樹・春樹・暁人・大樹』と思って面倒見なければと思っております…。

てつやの五行ポエム 2017/03/07

近松門左衛門も、長谷川伸・吉川英治も…、

             山本周五郎も、藤沢周平も…、

                      芭蕉も蕪村も、一茶も良寛も…、

                                言葉がなかったら、小説も書けず…、

                                           文字が無かったら、詩も書けなかった…。

 

日々かわら版」への1件のフィードバック

  1. 女将さん、先日は有難う御座います。
    また、お伺いいたしますれば、See.you.soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA