日々かわら版

このエントリーをはてなブックマークに追加

初代座長「三咲てつや」の徒然なるコラム・・・しばしのお付き合いを…

日々かわら版

劇団暁 ヒストリー 2017/03/06

【三咲てつや著・楽屋つれづれ草より。】

 三咲てつやが書いたエッセイ集三部作は、平成17年12月9日発行の、『楽屋つれづれ草』処女作がスタートでした。

その執筆に取り掛かったのが、忘れもしない2005年7月8日『金曜日』。

札幌市南区『定山渓温泉』の『ホテル山渓苑』の寮でした。

時は午前6時頃、外は、三日ほど続いた雨はあがっているが、窓を開けると冷たい風が肌を刺し、くしゃみをしながら書いた覚えがある。

微かに聞こえる程度のボリュームのテレビに、昨日、イギリスのロンドンで起こった同時多発テロのニュースが流れていました。

一段落ついて時計を見ると、朝の7時36分。

寮の3号室は、6畳と8畳と10畳ほどのフローリングで出来ていて、私はフローリングでこの『楽屋つれづれ草』を書いています…。

本日の一筆 2017/03/06

『船生かぶき村』に於いて、東京大衆演劇協会の劇団が来て頂く様になって5年程になりますが、

今回の『劇団・翔龍』さんは、際立って、評判が良いのが嬉しい。

『劇団・翔龍』の舞台が始まって1週間も経っていないのだから、これから先が長いのだ。

この先が益々楽しみな後半戦です。

劇団さんが、こんなに頑張ってくれるのに、私も指をくわえて見ていても申し訳ありません。

何か面白い企画を立ててテコ入れするつもりです…。

てつやの五行ポエム 2017/03/05

江戸中期、九代将軍家重・十代将軍家治の頃…、

              摂津の国に、生まれた蕪村…、

                     芭蕉を慕って、俳諧師となり…、

                            丸山応挙、伊藤若冲・池大雅と並ぶ絵師となり…、

                                            旅は道連れ、さすらう文人…。

てつやの秘蔵DVD 2017/03/05

【Eテレ日曜美術館より】 『与謝野蕪村』

 俳人であり、画人でもある『与謝野蕪村』は、

1716。摂津の国・毛馬村(現在の大阪市都島区毛馬町)に生まれる。

1737年.江戸に下り、俳人『夜半亭宋阿』の内弟子となる。

1743年。この頃、芭蕉の足跡を訪ねて東北行脚に出かける。

1744年.宇都宮で『歳旦帖』を刊行。『蕪村』の号を使う。

1751年。この頃、京都・丹後を行き来する。

1785年。12月25日未明に没す。『享年68歳』

〜菜の花や 月は東に 日は西に〜

〜うぐいすの 啼くや小さき 口あいて〜

〜名月や、夜に成りゆく 秋の暮れ〜

〜夏川を、越す嬉しさよ、手に草鞋〜

〜春風や 堤長うて 家遠し〜

〜朝顔や 一輪(りん)深き 淵の色〜

〜身に染むや 亡き妻の櫛を 寝屋に踏む〜

〜春の海 ひねもす(終日)のたり のたりかな〜

上記の句は、蕪村の俳句の代表的な句を紹介したものです。先達者『松尾芭蕉』を尊敬する蕪村は、江戸から北へ奥の細道を辿りました。

蕪村は元来、俳人として名高いのですが、実は文人としての蕪村より、画家としての力量が素晴らしいのです。

私としては、俳句が趣味で、絵画の方が本職でないかと思うほどです。

俳諧師の心を持った絵師。それが『蕪村』です。

〜狩衣の 袖の裏這う 蛍かな〜

〜みじか夜は 枕に近き 銀屏風〜

〜山暮れて 紅葉の朱を 奪いけり〜

本日の一筆 2017/03/05

今日は、今までの『船生かぶき村かわら版』は、縦書きだったのに、

この『日々かわら版』から、横書きになった事について、ご説明しなければなりません。

今月の中頃からから『インターネット』にアップする事になり、インターネットの『ホームページ』では、

から下への、スクロールを取り入れる事になったからです。

読者の皆様には、読み難いと思いますが、間もなく始まるホームページを楽しみにして下さいね…。

日々かわら版」への1件のフィードバック

  1. 女将さん、先日は有難う御座います。
    また、お伺いいたしますれば、See.you.soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA