てつやの秘蔵DVD 2017/03/03

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Eテレ日曜美術館より】 『相田みつを編』

 大正十三年、栃木県足利市に生まれる。『書家で詩人』。

自分で思い描いた言葉を、自分独自の書で伝える。そして、誰にでも解る言葉で綴る事に徹して描くのを、モットーに表した庶民派書道家である。

彼の言葉に勇気づけられた人は数知れない。

幼い頃から短歌や書に夢中になり、十九歳の時に地元の書家に入門する。

二十三歳で、中国の『鄭文公費』を写譜。先人が残した言葉を、先人が残した書で、見事に書き納めたのである。

最高峰と言われる書展で、何度も入選。しかし彼は疑問を感じ始めました。そして皆んなが知っている、あの丸っこい書体が生まれたのである。

『つまずいたっていいじゃないか、人間だもの…』

『弱きもの人間。欲深きもの人間。偽り多きもの人間。そして人間の私…』

『いい事はおかげさま。悪い事は身から出た錆…』

『うばいあえば足らぬ、わけあえば余る。うばいあえば憎しみ、わけあえば安らぎ…』

『やれなかった、やらなかった、どっちかな…』

『生きているうち、働けるうち、日の暮れぬうち…』

『嘘は言わない、心に決めて嘘を言う…』

『自己顕示、自己嫌悪、私の心の裏表…』

どの言葉も、相田みつを自身の心の襞(ひだ)を表している。そして、私達皆んなが悩んでいるに違いない。仏の道にも通じる言葉に思えます。

NHKEテレの『日曜美術館』を見ていると、自分自身の凡庸さを痛感されます。自分自身が嫌になります。それでも見たい『日曜美術館』。

七十三歳、『三咲てつや』の昨日今日…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA